民事訴訟法目次

1 訴訟の開始

1-1 民事訴訟ベーシック

1-1-1 民事訴訟の意義
1-1-2 民事訴訟の全体像
1-1-3 民事訴訟の概観

1-2 裁判所

1-2-1 管轄
1-2-1-1 法定管轄
1-2-1-2 合意管轄・応訴管轄
1-2-1-3 指定管轄
1-2-1-4 専属管轄
1-2-1-5 その他
1-2-2 移送
1-2-2-1 種類
1-2-2-2 移送の裁判と効果
1-2-3 裁判官の除斥・忌避・回避
1-2-3-1 除斥
1-2-3-2 忌避
1-2-3-3 回避

1-3 当事者

1-3-1 当事者能力と訴訟能力
1-3-1-1 当事者能力
1-3-1-2 訴訟能力
1-3-2 訴訟上の代理人
1-3-2-1 法定代理人
1-3-2-2 任意代理人

1-4 訴え

1-4-1 訴の種類
1-4-1-1 給付の訴え
1-4-1-2 確認の訴え
1-4-1-3 形成の訴え
1-4-2 訴えと処分権主義
1-4-2-1 訴訟の開始
1-4-2-2 訴訟物の特定やその範囲の限定
1-4-2-3 訴訟の終了
1-4-2-4 一部認容判決

1-5 訴えの提起

1-5-1 訴えの提起
1-5-1-1 訴状の提出
1-5-1-2 訴状の必要的記載事項
1-5-1-3 訴状の審査
1-5-1-4 訴状の送達
1-5-1-5 期日の指定・呼出し
1-5-2 訴えの提起の効果
1-5-2-1 訴訟係属
1-5-2-2 二重訴訟の禁止
1-5-2-3 実体法上の効果

2 訴訟の審理

2-1 審理の原則

2-1-1 裁判所と当事者の役割
2-1-1-1 当事者主義と職権主義
2-1-1-2 弁論主義
2-1-1-3 釈明権
2-1-2 訴訟手続の信仰と審理の整理
2-1-2-1 職権進行主義
2-1-2-2 当事者の申立権および質問権

2-2 口頭弁論

2-2-1 口頭弁論の意義
2-2-1-1 口頭弁論の諸原則
2-2-1-2 当事者の申立権および質問権
2-2-2 口頭弁論の準備
2-2-2-1 準備書面
2-2-2-2 争点及び論点の整理手続き
2-2-2-3 当事者照会
2-2-2-4 訴えの提起前における照会
2-2-3 当事者の欠席
2-2-3-1 当事者の一方の欠席
2-2-3-2 当事者の双方の欠席
2-2-3-3 当事者の欠席と判決
2-2-3-4 特別な期日における欠席

2-3 訴訟手続の停止

2-3-1 訴訟手続の中断
2-3-1-1 中断事由
2-3-1-2 中断の解消
2-3-1-3 中断の効果
2-3-2 訴訟手続の中止
2-3-2-1 中止事由
2-3-2-2 中止の効果

2-4 証拠(1)

2-4-1 証拠
2-4-1-1 証拠による事実認定
2-4-1-2 証拠の意味
2-4-2 証明
2-4-2-1 証明・疎明
2-4-2-2 厳格な証明・自由な証明
2-4-2-3 証明の対象
2-4-2-4 裁判上の自白
2-4-2-5 擬制自白
2-4-3 自由心証主義
2-4-3-1 意義
2-4-3-2 内容

2-5 証拠(2)

2-5-1 証明責任
2-5-1-1 対象
2-5-1-2 証明責任の分配
2-5-1-3 機能
2-5-1-4 推定
2-5-2 証拠調べ
2-5-2-1 証拠の申出
2-5-2-2 証拠の採否
2-5-2-3 証拠調べの実施
2-5-2-4 調査の嘱託
2-5-2-5 証拠保全
2-5-2-6 訴え提起前の証拠収集処分

3 訴訟の終了

3-1 当事者の行為による訴訟の終了

3-1-1 訴えの取下げ
3-1-1-1 要件
3-1-1-2 手続
3-1-1-3 効果
3-1-2 請求の放棄・認諾・訴訟上の和解
3-1-2-1 請求の放棄・認諾
3-1-2-2 訴訟上の和解

3-2 終局判決による訴訟の終了

3-2-1 裁判
3-2-1-1 総説
3-2-1-2 裁判の種類
3-2-2 判決
3-2-2-1 判決の種類
3-2-2-2 判決の成立と確定

3-3 判決の効力

3-3-1 自己拘束力
3-3-1-1 判決(決定・命令)の更正
3-3-1-2 判決(決定・命令)の変更
3-3-1-3 再度の考案による原裁判の更正
3-3-1-4 訴訟指揮に輯する裁判の取消
3-3-2 仮執行宣言
3-3-2-1 要件
3-3-2-2 手続
3-3-2-3 効力
3-3-2-4 仮執行免脱宣言
3-3-3 既判力
3-3-3-1 既判力の生じる判決
3-3-3-2 既判力の生じる範囲
3-3-3-3 既判力の作用

3-4 複数請求訴訟

3-4-1 総論
3-4-1-1 複数請求訴訟の意義
3-4-1-2 複数請求訴訟の種類
3-4-2 請求の原始的複数
3-4-2-1 併合の様態
3-4-2-2 併合訴訟の審判
3-4-3 請求の後発的複数
3-4-3-1 訴えの変更
3-4-3-2 反訴
3-4-3-3 中間確認の訴え

3-5 多数当事者訴訟

3-5-1 総論
3-5-1-1 多数当事者訴訟の意義
3-5-1-2 多数当事者素養の種類
3-5-2 共同訴訟
3-5-2-1 通常共同訴訟
3-5-2-2 必要的共同訴訟
3-5-3 訴訟参加
3-5-3-1 補助参加
3-5-3-2 訴訟告知
3-5-3-3 独立当事者参加
3-5-3-4 共同訴訟参加
3-5-4 当事者の変更
3-5-4-1 訴訟承継
3-5-4-2 任意的当事者変更

4 上訴・略式訴訟手続

4-1 裁判に対する不服申立制度

4-1-1 上訴
4-1-1-1 控訴
4-1-1-2 上告
4-1-1-3 抗告
4-1-2 再審

4-2 略式訴訟手続(1)

4-2-1 簡易裁判所の訴訟手続に関する特則
4-2-1-1 訴え提起手続の簡易化
4-2-1-2 審理手続の簡易化
4-2-1-3 訴え提起前の和解
4-2-2 手形小切手訴訟
4-2-2-1 手形訴訟
4-2-2-2 小切手訴訟

4-3 略式訴訟手続(2)

4-3-1 小額訴訟
4-3-1-1 小額訴訟の選択と通常訴訟への移行
4-3-1-2 審理手続の特則
4-3-1-3 判決
4-3-1-4 不服申立て
4-3-2 督促手続
4-3-2-1 支払い督促の申立て
4-3-2-2 申立てに対する処分
4-3-2-3 仮執行宣言付支払督促
4-3-2-4 督促異議

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM